1 ハバナブラウン(新疆ウイグル自治区) 2012/08/17(金) 19:30:06.43 ID:/KsjR6XA0
http://www.j-cast.com/2012/08/17143200.html


頭にターバン巻いて国歌独唱 レゲエ歌手に「マナー違反」と非難
2012/8/17 18:12

サッカー国際親善試合「キリンチャレンジカップ2012」の日本対ベネズエラ戦で、レゲエグループ「湘南乃風」メンバー
のHAN-KUNさんが国歌独唱の大役を務めた。

HAN-KUNさんはトレードマークのターバンを取らずに歌ったのだが、インターネット上では「マナー違反だ」という批判
の声が上がっている。
黒いスーツに目が隠れるほどのターバン

親善試合は2012年8月15日に北海道・札幌ドームで開催され、TBS系列で全国に生中継された。

試合開始前、HAN-KUNさんが君が代を独唱した。黒いスーツと白いシャツ、青いネクタイに身を包み、頭には目がほぼ隠
れてしまうほど大きなターバンをぐるぐると巻いていた。

歌いっぷりは堂々としたものだったが、中継を見ていた人はツイッターや2ちゃんねるで「国歌歌うのにターバン巻いて
んじゃねーよ、コラぁ!!」「帽子被って国歌とかありえないだろ、周りも注意しろよ」など、起立・脱帽がマナーとされ
る国歌斉唱において、ターバンを取らずに歌ったことを批判する書き込みを投稿した。

さらにHAN-KUNさんが国歌を歌っている動画がYouTubeにアップされると、コメント欄には「これはバッシングされて当た
り前。国歌斉唱で終戦記念日だったのにもかかわらずターバン取らなかったのがいかん」「これは不敬行為とみなされても
しょうがないね」など、やはり批判意見が寄せられた。

一部のファンは「ターバンはHAN-KUNのチャームポイントなんだよ わかってねぇやつはすっこんでろ」「ドイツもこいつ
もHAN-KUNの良さを分かってない!!」などと反論しているが、「国際的道理に照らしても着帽(ましてやターバン)での国歌
斉唱は不適切なんだから、そのアーティストが良いか悪いかの話じゃないだろ」と一蹴されている。

黒いTシャツにタオルで目隠し 腕組みし国歌独唱 レゲエ歌手に「マナー違反」と非難
続きを読む