1 有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★ 2012/06/27(水) 03:09:03.91 ID:???0

中国で生まれた造反という言葉には、かすかに正義が匂う。謀反(むほん)といえば、私的な恨みから主(あるじ)に背く語感だが、
造反は正々堂々と大義に従う感じか。かの文化大革命を正当化したスローガン「造反有理」の名残だろう
▼きのうの衆院本会議。消費増税法案の採決で民主党から多くの造反者が出た。党議拘束をかけたのに、処分覚悟の反対が57票。
迷った末の棄権や欠席と合わせ、4人に1人が党の方針に背を向けた。意を決して反対の青票(せいひょう)を投じる議員たちは、
「理は我にあり」の顔である
▼造反劇の座長にあたる小沢元代表は、投票後に笑顔を見せ、議場を出ると何度か「よし」と発したそうだ。数こそ力と信じる人は、
まとまった反対票に満足げ。この勢いで仲間と離党する、との見方もある
▼会見した野田首相は「造反者には厳正に対応する」と、不自然に語気を強めた。とはいえ、強い処分で「小沢新党」が思わぬ数に膨らめば、
与党は衆院でも過半数を割ってしまう。本望だろうが、増税が政権の息の根を止めかねない
▼ともあれ、採決では賛成の白が青を圧し、増税は実現に動き出した。消費税率は2014年春に8%、15年秋に10%に上がり、
年10兆円を超す大増税となる。負担感の大きい所得層の救済策が欠かせない
▼内輪もめの時ではない。社会保障の組み直し、無駄の削減など、与野党で詰めるべき課題は多い。内閣支持率は20%台。
過半の有権者がとっくに青票を握りしめている。恐れるべきは、民の造反である。

asahi.com 2012年6月27日(水)付
http://www.asahi.com/paper/column.html

【朝日新聞】 「中国で生まれた造反という言葉には、かすかに正義が匂う。文化大革命を正当化したスローガン『造反有理』の名残だろう」
続きを読む