これはひどい

「これはひどい」と思わずつぶやいてしまうニュースをピックアップしています。

東日本大震災

事故直後に米が詳細な「汚染地図」を提供したのに、日本政府は放置、データを公表せず

1 影の大門軍団φ ★ 2012/06/18(月) 07:04:46.30 ID:???0
東京電力福島第一原子力発電所の事故直後の昨年3月17~19日、
米エネルギー省が米軍機で空から放射線測定(モニタリング)を行って詳細な「汚染地図」を提供したのに、
日本政府はこのデータを公表せず、住民の避難に活用していなかったことがわかった。

放射性物質が大量に放出される中、北西方向に帯状に広がる高濃度地域が一目でわかるデータが死蔵され、
大勢の住民が汚染地域を避難先や避難経路に選んだ。

政府の初動対応では、汚染の広がりを予測する緊急時迅速放射能影響予測システム
(SPEEDI)の試算結果の公表遅れが問題となった。

同システムの予測値と決定的に違うのは、米エネルギー省のデータが放射能の拡散方向を示す実測値だったことだ。

米エネルギー省は原発事故直後の昨年3月17~19日、米軍機2機に、
地上の放射線量の分布を電子地図に表示する空中測定システム(AMS)と呼ばれる機材を搭載して、
福島第一原発から半径約45キロの地域の線量を計測した。
http://www.asahi.com/politics/update/0618/TKY201206170453.html
t_TKY201206170386

【原発】 事故直後に米が詳細な「汚染地図」を提供したのに、日本政府は放置、データを公表せず 
続きを読む

東日本大震災で国民見捨て放射能怖さに逃げた小沢一郎元代表!和子夫人が「離婚しました」と手紙 「隠し子」も綴る

1 春デブリφ ★ 2012/06/13(水) 23:43:02.37 ID:???0
★小沢一郎夫人が支援者に「離婚しました」
「愛人」「隠し子」も綴られた便箋11枚の衝撃

 民主党の小沢一郎元代表(70)の和子夫人(67)が、昨年11月に地元・岩手県の複数
の支援者に、「離婚しました」という内容を綴った手紙を送っていたことがわかった。

 便箋11枚にも及ぶ長い手紙の中で、和子夫人は、昨年3月の東日本大震災後の小沢元
代表の言動について触れ、「このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先
に立ち上がらなければならない筈ですが、実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げ
だしました。岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げだした小沢
を見て、岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました」と書いている。

 手紙では、小沢元代表の愛人や隠し子の存在についても触れている。8年前に隠し子
の存在がわかったとき、小沢元代表は和子夫人に謝るどころか、「いつでも離婚して
やる」と言い放ち、和子夫人は一時は自殺まで考えたとも記している。
 そして、このように綴っている。
「それでも離婚しなかったのは、小沢が政治家としていざという時には、郷里と日本の
為に役立つかもしれないのに、私が水を差すようなことをしていいのかという思いがあり、
私自身が我慢すればと、ずっと耐えてきました。
 ところが3月11日、大震災の後、小沢の行動を見て岩手、国の為になるどころか害に
なることがはっきりわかりました」
「国民の生命を守る筈の国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げるというのです。
何十年もお世話になっている地元を見捨てて逃げるというのです」
(続く)
「週刊文春」編集部
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1442
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/publishing/

img_dfd76daaf2a4593b96fd28e6b6701f5273010

前スレ(★1:6/13(水) 18:28:22)
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1339590349/

【民主党】東日本大震災で国民見捨て放射能怖さに逃げた小沢一郎元代表!和子夫人が「離婚しました」と手紙 「隠し子」も綴る★6

続きを読む
メールフォーム
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ